読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

in my life

備忘録、旅行記、とりとめのないこと

弾丸・ソウルの旅

2014年3月にソウルを訪れた時の話。

 

 

3月17〜20日の4日間で韓国・ソウルの旅。

夕方に関空を発ち、夜にインチョン着。

 

イミグレを抜けてすぐ腹ごしらえ。

空港内のマクド

f:id:sozororki:20160912230405j:image

ジュースの量が多かった。

 

空港鉄道に乗り、ソウル市内へ

f:id:sozororki:20160912230553j:image

f:id:sozororki:20160912230621j:image

車内の女の子がまさしく韓国人という感じで韓国に来たなと実感。

 

1時間ほどでソウル駅に到着。

さすがソウル、都会です。

f:id:sozororki:20160912230803j:image

f:id:sozororki:20160912230835j:image

 

地下鉄に乗り換え、東大門駅へ

予約しておいたゲストハウスへ向かう。

ソウルの宿は、

dongdaemun well-being hostel 。

 

地下鉄からすぐで、近くにセブンありとなかなかの立地。

今回はシングルを予約。

2泊で50000ウォン(5000円)ほど。

f:id:sozororki:20160912231622j:image

女性オーナーのgraceさん、タダで手料理を作ってくれる、いい人だった。

f:id:sozororki:20160912235909j:image

f:id:sozororki:20160912235928j:image

f:id:sozororki:20160912235957j:image

全部辛かった。

 

夜に近くのマーケットを散策。

 なかなかの人出。

f:id:sozororki:20160913000127j:image

 

翌18日は、板門店

事前に申し込んでいたパックツアーで、戦争記念館やプルコギ屋を経由してバスで北緯38度線板門店へ北進。

f:id:sozororki:20160913000532j:image 

朝鮮戦争休戦の調印?

f:id:sozororki:20160913000555j:image

竹島の領有権を主張

f:id:sozororki:20160913000641j:image

韓国軍兵士の姿も。パレードの練習をしていた。

f:id:sozororki:20160913000810j:image

f:id:sozororki:20160913000822j:image

お昼のプルコギ。んまい。

 

食後は、いざ板門店へ。

国連施設内に入ると、

何やら死傷しても責任は負いませんという文言が盛り込まれた誓約書にサインする。

板門店の歴史についてのレクチャーを受け、

いよいよ潜入。

 

来ました、板門店

国境の向こうは北朝鮮

あちら側の建物には北朝鮮軍人の姿。

初めて見る北朝鮮人に興味津々。

時折、双眼鏡でこちら側を伺っています。

f:id:sozororki:20160913001109j:image

f:id:sozororki:20160913001233j:image

画像の青い建物に入ると、会談の場が

 

f:id:sozororki:20160913001325j:image

コンクリートを境に右が韓国側、左が北朝鮮

 

韓国軍兵士の他に米軍兵士の姿も。

板門店を出ると快く撮影に応じてくれます。

f:id:sozororki:20160913001511j:image

 

朝鮮戦争はあくまで休戦状態。

この21世紀の今でも戦争中というわけで、現場には緊張感が漂っていました。

 

ソウルに戻ると、平和な日常。

それでも地下鉄などではガスマスクが置いてあり、戦争中ということを感じさせられます。

f:id:sozororki:20160913001754j:image

 ソウル市内のマクドで勉強中の女の子

f:id:sozororki:20160913001839j:image

地下鉄には有事への備えが。

 

翌19日は宿を出て、ソウル市内観光。

朝イチで美白エステ(1時間100000ウォンくらいした)に行くも肌の色は変わらず。

繁華街・明洞をふらつき、実弾で銃が撃てる射撃場へ。

日本の警察が使うニューナンブM60とアメリカ陸軍のベレッタ92Fを使用。

いやぁ反動がすごい。映画なんかだと片手で撃ってたりするけどあんなん無理や。両手で持って脇締めて撃たないと的に当たんない。

f:id:sozororki:20160913002519j:image

ニューナンブM60

f:id:sozororki:20160913002526j:image

ベレッタ92F

 

さて、この日は宿がないのでオールナイトのクラブに行くことにしていた。

が、行ってみると本日休業の張り紙。なんてこった、空港泊に切り替えだと思って地下鉄に行くと…

f:id:sozororki:20160913002706j:image

 なんと空港行きの終電が出たあと。

やばい。

急いで駅職員に話をして、別の路線ならまだ空港行きの電車があることを教えてもらい、急いで向かう。

無事に乗車でき、空港に着きました。

 

インチョン空港では毎度おなじみ空港泊。

コンセント付きの立派な寝床を発見。

f:id:sozororki:20160913002953j:image

 一夜を明かして、さぁ日本へ。

今回もピーチで帰国。お世話になります。

f:id:sozororki:20160913003049j:image

 

韓国は近くていいですね。

それでいてショッピングはもちろん、板門店や射撃など日本では到底味わうことのできない時間を過ごせる。

また行こう、韓国。

 

f:id:sozororki:20160913003159j:image